東京都地域居住支援モデル事業 第2回研修会のご案内

この記事(ニュース)は約155秒で読めます。


平成29年度東京都地域居住支援モデル事業
第2回研修会
ナースと暮らすシェアハウス
「ナースさくまの家」の活動

ナースさくまの家は、医療行為対応型シェアハウスとして2013年1月に設立
ご自宅での生活が困難で介護や医療が必要でも家の様な所でゆっくり過ごしたいという方々に安心して日常を過ごせる“家”をご提供しています。

日時 2017年11月17日(金) 14:30 ~ 16:45   【無料】 定員80名
会場 東京都生活協同組合連合会 会議室
東京都中野区中央5-41-18 3階

<プログラム>
14:30 地域居住支援モデル事業概要説明

14:45 三鷹市「ナースさくまの家」の活動紹介
    報告者:佐久間洋子氏 
      
15:45 参加者との質疑応答・意見交換

16:00 ・・休憩・・

16:15 くらし安心サポートサービス
“くらさぽ”の紹介 鷲尾公子 
16:45 終了       

チラシを参照ください。
https://files.acrobat.com/a/preview/2903bff4-f349-4ccf-9f98-2267ee6bfe25


市民協事務局

市民協事務局

1943年京都市生まれ。NPO法人市民福祉団体協議会代表理事として、高齢者や子ども、NPOに関わる諸問題解決のため、社会的環境整備に精力的に取り組んでいる。とりわけ現在は、シニアによるNPO起業への支援、ネットワークづくり、NPOマネジメントのノウハウの普及に向けて、執筆や全国的な講演活動に活躍中。

SHARE THIS