地域の介護や生活支援に必要なサービスが見つかるwebサイト「・・・

この記事(ニュース)は約329秒で読めます。

This article was written over a year ago. Please be aware that the information may be old.
この記事は1年以上前に書かれた記事です。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

地域の介護や、生活支援に必要なサービスが見つかるwebサイト 地域の介護

 

 

認定NPO法人 市民福祉団体全国協議会(本部:東京都港区、専務理事:田中尚輝)は、株式会社ソーシャルサービス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:白形知津江)との共同事業として、「地域の介護」というWEBサイトを立ち上げました。

地域の介護」は地域に眠る資源を「見える化」することで、必要な人に必要な情報を届け、不足しているサービスの共有化や、新しいサービス開発に役立つ、地域福祉の向上に寄与するサービスを提供していきます。

現在の介護サービス検索では、介護保険適用サービス(フォーマルサービス)と、非適用サービス(インフォーマルサービス)、自治体などの提供サービスが、それぞれに情報が分断されて、わかりにくいという課題があります「地域の介護」は、「住んでいる地域」を起点とし、これらのサービスを一元検索できるサイトを目指してオープンいたしました。

また、改正介護保険による新たな「総合事業」の開始に伴い、自治体の高齢者福祉担当の方や、ケアマネージャーおよび生活支援コーディネーターなど専門職の方々が、介護保険適用外の生活支援を行っている団体やNPOなどの地域資源情報を、より多く収集していくことが必要になりますので、こうした専門家向けのツールとしても活用できる機能を具備しました。

 

株式会社ソーシャルサービスの代表取締役社長である白形知津江は、次のように述べています。

 

「高齢者の生活には地域情報が求められており、その情報も利用されて初めて、地域に眠っていた資源が活かされると考えています。現在は練馬区など数地区での情報充実を図っておりますが、全国的なモデルに育てていきたいと考えています。」

 

 

NPOの中間支援活動団体である、認定NPO法人 市民福祉団体全国協議会の専務理事の田中尚輝は、次のように述べています。

 

「この度、介護保険制度が抜本的に変わりました。市民同士の助けあい、ボランティア活動、NPO活動が決定的に重要になります。現実にサービス提供している介護保険適応外(インフォーマルサービス)をすべて掲載して、必要な方にお届けする、また足りないサービスは作り出すようにしなければなりません。このツールは生活支援コーディネーターにとっては必須のものです。」

 

 

 

 

地域の介護

地域の介護WEBサイトは、「地域情報の検索」と、「専門家向けツール」で構成されたWEBサイトです。専門用語を使わずに、介護保険のサービスをわかりやすく検索できるよう工夫がされています。「専門家向けツール」機能としては、「サービス情報の登録」、「専門家同士でのナレッジ共有」、「メモ」「日報」などの機能があります。

 

株式会社ソーシャルサービス

http://sc-sv.com/
株式会社ソーシャルサービス2005年創業「人を想うサービスで、心豊かな社会の実現に貢献する」を企業理念とし、シニアマガジン事業、シニア向けコミュニケーション事業を展開する。

認定NPO法人 市民福祉団体全国協議会

http://seniornet.ne.jp/
2000年に内閣府より特定非営利活動法人として認証、2013年に東京都より認定特定非営利活動法人として認定。「自宅で死ねる」「優しい福祉のある」地域社会づくりを目指して活動を展開する。


システム 管理者

システム 管理者

1943年京都市生まれ。NPO法人市民福祉団体協議会代表理事として、高齢者や子ども、NPOに関わる諸問題解決のため、社会的環境整備に精力的に取り組んでいる。とりわけ現在は、シニアによるNPO起業への支援、ネットワークづくり、NPOマネジメントのノウハウの普及に向けて、執筆や全国的な講演活動に活躍中。


SHARE THIS