市民協の取り組み

市民協では、2000年の創設以来、一貫して、地域の助け合いや支え合い、介護保険等の制度外のインフォーマルサービスを行う団体の立場に立った活動に取り組んできました。

社会運動

NPOは、地域や現場での福祉活動や社会的困難者支援の現場の声を行政に届け、よりよい社会制度づくりに寄与していく社会的役割を果たさなくてはなりませんが、個別の団体にできることには限度もあります。
市民協は全国のNPOが集まるネットワーク団体として、主に介護保険制度改正にはNPOセクターの代表的な組織として、厚生労働省への政策提言を行っています。
社会福祉を考える会
介護離職のない社会を目指す会
働き方改革プロジェクト

NPO・会員支援

地域の福祉NPOやインフォーマルサービス団体にとって、制度改正のような活動環境基盤の整備も重要ですが、日常の団体運営上の課題や困難の解決することも、団体の活動の円滑化や団体の発展成長のためには欠かせません。
市民協では、特に地域の小規模な団体が自前で実施することが困難な情報収集や人材研修については力を入れており、メールニュースの毎週発行や研修会の毎月開催を行うほか、相談員やコンサルタント派遣も行っています。
介護保険制度を最大活用
インフォーマルサービス情報「地域の介護」
会員情報・会員紹介・イベント告知
研修支援
保険事業
新規市民事業
福祉車両管理
新いしのまきハウス

市民事業・活動

情報発信や研修、モデル事業などを通して、介護保険分野だけでなく、介護保険制度外の食事サービスや移動サービス、コミュニティカフェなど、制度の境界を越えての団体同士の協力関係の形成をはかっています。
また、NPOや福祉団体、ボランティアだけではなく、セクターの垣根を越えて生活協同組合や社会貢献型企業との連携にも取り組むことで、地域で必要なインフォーマルサービスが創出されるための基盤づくりに努めています。
きらり人
ウェルネスショッピング