2018年市民協次世代リーダー研修 概要決まる!

この記事(ニュース)は約242秒で読めます。


市民協がおくる
2018年 次世代リーダー研修

2018年1月12(金)、13(土)、14日(日)
主会場 :別府市 NPO法人たすけあい組織鼓楼

毎年ご好評をいただいている「次世代リーダー研修会」は来春で5回目を迎えます。
今回は関東を離れて別府市を中心に活動しているNPO法人たすけあい組織鼓楼を主会場として開催します。
「たすけあい組織鼓楼」は「地域で困っていることを解決していこう」という想いでボランティアからスタートし、「平成の駆け込み寺」と周囲から言っていただくようになり、現在に至っています。
介護保険事業、ボランティア活動、宅老所をはじめ16年12月には住宅型有料老人ホームを開設。
次期リーダーを養成している(検討している)団体はぜひ受講申込みをしてください。

会場:地域ささえ愛センター・ささえ愛サロン 茶の実
大分県別府市荘園町6-2 
0977-25-4555 Fax 0977-25-4400

≪1日目≫ 13:00~17:00 リーダー論
1時限 NPOリーダー・介護保険リーダーに求められるもの(田中尚輝 市民協代表理事)
2時限 介護保険の動向とリーダーの役割(鷲尾公子 民間介護事業推進委員会委員、認定NPO法人ぐるーぷ藤理事長)
3時限 NPO法人鼓楼の挑戦(田原京子 NPO法人鼓楼 理事長)
≪2日目≫
4時限 9:00~10:30 視 察  鼓楼の有料老人ホーム
5時限 10:30~12:00 特別講座 地域福祉の前進 自治会がNPOを作る(稲生 亨 NPO法人福祉コミュニティKOUZAKI 事務局長)
午後 13:00~17:00「特別講座:新規事業への取組、一般公開講座:全労済後援」 
6時限【新事業①】改正介護保険の総合事業の実施(宮田太一郎 国東市生活支援コーディネーター)
7時限【新事業②】高齢者の身元保障事業(鷲尾公子 CWC代表理事、市民協常務理事)
8時限【新事業③】住宅事業(空き家対策、居住支援法人(国交省))(礒野利枝CWC事務局)
≪3日目≫ 9:00~14:00
9時限 講義 介護事業の経営戦略(仮題) (竹重俊文 地域ケア総合研究所所長)
10時限 振り返りと大意見交換会  それぞれの決意表明      
14:00 修了
<参加費>:1人3万円(旅費、宿泊費、交流会費別)


市民協事務局

市民協事務局

1943年京都市生まれ。NPO法人市民福祉団体協議会代表理事として、高齢者や子ども、NPOに関わる諸問題解決のため、社会的環境整備に精力的に取り組んでいる。とりわけ現在は、シニアによるNPO起業への支援、ネットワークづくり、NPOマネジメントのノウハウの普及に向けて、執筆や全国的な講演活動に活躍中。


SHARE THIS